スムージーを作る時に欠かせないのがミキサーやブレンダーです。スムージー人気が上がってきて、ミキサーの売れ行きもどんどん良くなってきてるそうです。

今ではたくさんのミキサーが販売されていますが、一体どんなミキサーが人気なのでしょうか。また、これからスムージーを作る人は、どのミキサーを選べばいいのでしょうか。

今回はスムージーを作るミキサーについて説明していきます。

レコルト・ソロ・ブレンダーRSB-1

スムージーをこれから始める人は、まずお手頃なミキサーから試すのが良いでしょう。

安くて人気のあるミキサーは、レコルト・ソロ・ブレンダーRSB-1です。デザインが可愛くて、色も4色あり、キッチンにそのまま置いてあってもオシャレです。

ボトルの容量が350ミリリットルで、一人用として使えるだけでなく、そのまま取り外しができるので、タンブラーとしても使うことができます。

パワーは125ワットで一人分を作るなら十分でだといえるでしょう。ボトルが小さめなので、洗うのも楽です。

レコルト・ソロ・ブレンダーRSB-1は、とにかく安いので、これからスムージーを始める人にはお勧めです。

バイタミックスのミキサー

スムージーを作るのに慣れてくると、量も多く作れるハイパワーのミキサーが欲しくなります。ハイパワーな物だとバイタミックスのミキサーが有名です。

これは業務用でも使われていて、多くの芸能人も使っています。パワーが強く、とても滑らかなスムージーを作る事ができます。

ただバイタミックスのミキサーは値段が高く、値段も8万円ほどなので、なかなか購入に踏み切れないのがネックです。

ビタントニオのブレンダー

バイタミックスは良いけどさすがに高いと感じる人には、ビタントニオのブレンダーがお勧めです。

パワーは450ワットで、バイタミックスの900ワットに比べると弱いですが、滑らかなスムージーを作りたいと考えている人には十分でしょう。

値段は1万円ほどで購入できます。アマゾンなどでは価格が変動するので、もっと安く買える事もあります。

パナソニックのファイバーミキサー

国内産のミキサーにこだわるのであれば、パナソニックのファイバーミキサーが良いでしょう。

パワーは245ワットですが、かき氷やフローズンドリンクやきな粉なども作れます。

グリーンスムージーが作りやすいミキサーとなっていて、水の量が少なくても葉物野菜をきちんと粉砕できるようになっています。

まとめ

グリーンスムージーを作るミキサーやブレンダーも色々ありますので、選ぶのも迷うかもしれませんが、目的はスムージーを作って飲むことです。

高いを購入してスムージーを作って飲まなければ意味がないので、まずは値段が安いものを選ぶのがポイントかもしれませんね。