グリーンスムージーは見た目が緑色をしていて、とても青汁に似ています。一見しただけでは判別がつかないかもしれませんね。

青汁とグリーンスムージーは同じものなのでしょうか?それとも全く別の飲み物になるのでしょうか?青汁とグリーンスムージーを比較してみることにしました。

誕生した国が違う!

青汁は日本に昔からあって、日本最古の医書と言われている医心方にも名前が出てきます。戦中や戦後には食べるものがなく、栄養の高さから注目された事もあったそうです。

戦後に遠藤博士が青汁の研究をして、ケールから青汁を作るようになったのだそうです。青汁は日本で開発されてきたのですね。

スムージーはアメリカで生まれました。ヴィクトリア・ブーテンコという女性が自分と家族の健康のために開発したのが最初だそうです。グリーンスムージーと青汁は生まれた場所が全く違うのですね。

果物を多めに使うのがスムージー

グリーンスムージーには果物が含まれている事が多いですが、青汁には果物は入っていません。グリーンスムージーは果物の糖分が含まれていますが、青汁には糖分は含まれていません。

糖分が入っていないという点だけを見ると、ダイエットには青汁の方が向いている気がします。ただ甘味があるので、スムージーはダイエット中のおやつとして活用できるのです。

青汁は苦い物が多く、おやつやお菓子の代用とするのは難しいかもしれません。

青汁とスムージーのコスパを比較

作り方はグリーンスムージーの方が手間がかかるでしょう。青汁はたくさんの商品が発売されていて、ほとんどは粉末で水と混ぜて飲むだけで簡単です。たくさんの野菜や果物を必要とするスムージーに比べると、青汁の方が価格も安くて済みます。

またグリーンスムージーは作ったらすぐに飲まなければいけません。ただ最近では粉末のスムージーも発売されているので、粉末タイプのスムージーなら手軽です。

料金も粉末のスムージーならそんなに高くなく、粉末タイプの青汁とそこまで大きな価格の差はありません。

まとめ

青汁とスムージーは栄養を効率的に摂取するという点で優れてます。どちらにしても、自分の体に合わせた物を選ぶのが一番良いでしょう。

グリーンスムージーと青汁の良い所を合わせた粉末タイプの物も発売されているので、価格をみて自分が続けやすいものを選ぶのがポイントです。