スムージーはビタミン、ミネラルが豊富ですから、美容やダイエットに良いと言われています。ただスムージーにもカロリーはあるので、きちんとカロリーを把握しておく事は大切です。

カロリーの高い野菜や果物を使ってスムージーを作ると逆に体重が増えてしまうこともあります。そこで今回はスムージーのカロリーについて説明していきます。

スムージーのカロリーは材料のカロリー

スムージーのカロリーというのは材料に使っている野菜や果物のカロリーが、そのままスムージーのカロリーになります。例を挙げると、バナナ半分、りんご半分、水菜一袋の半分を使ってスムージーを作ったとします。

バナナが50キロカロリー、りんごが90キロカロリー、水菜が15キロカロリーなので合わせて155キロカロリーです。一日3回くらいに分けて飲むと、一杯あたりの摂取カロリーはおよそ52キロカロリーになります。

つまり、材料のカロリーがそのままスムージーのカロリーになるのですね。

野菜や果物のカロリーを事前に知っておこう

ダイエットのためにスムージーを飲む人は、野菜や果物のカロリーを知っておくといいでしょう。インターネット上には、カロリー計算が簡単にできるサイトがあります。

そういったサイトを使用して、カロリー計算すると楽にカロリーを調べる事ができます。カロリーも何も知らないで適当にスムージーを作ってしまうと、高カロリーのスムージーが出来上がってしまうかもしれませんよ。

カロリーの低いスムージーを作るためは材料選びがポイント

スムージーは作ってすぐ飲んだ方が栄養価が高いので、一度に飲める量を作るのがよいです。また、スムージーは新鮮な果物を使い作ることが多いですが、使う果物によってスムージー自体のカロリーが大きく変わります。

野菜を多めにするとカロリーは減りますが、飲みにくいスムージーになってしまいます。始めのうちは果物を多めにし、味に慣れてきたら野菜を多めに使って作るといいでしょう。

また果物でもキウイや柑橘系はカロリーが低めです。ダイエットのためにスムージーを飲む人は、キウイや柑橘系でスムージーを作ると良さそうです。

粉末スムージーのカロリーはどのくらい?

次に粉末タイプのスムージーは、どのくらいのカロリーなのでしょうか。いろんなタイプの粉末スムージーが販売されていますが、販売されている商品によりカロリーは異なります。

アサイーレッドスムージーは一杯で78キロカロリーで、ミネラル酵素グリーンスムージーは一杯で23キロカロリーとなります。美的アサイー満腹ダイエットスムージーは一杯で8キロカロリーと、数字を比べて分かるようにカロリーは大きく違いますね。

まとめ

スムージーのカロリーは作る材料によって変わってくるので、ダイエット目的であればカロリーの低い野菜を多めにするといいかもしれませんね。

また、粉末スムージーをダイエットのために飲むのであればカロリーが少ない物を選ぶと良いですし、栄養補充のためなら、カロリーよりも栄養の内容を重視した方が良いでしょう。

自分が何故スムージーを飲むのか、目的をはっきりさせる事が大切です。