芸能人がスムージーでダイエットに成功したとテレビやインターネットなどで見たこと聞いたことがある方は多いでしょう。では実際にスムージーでダイエットする事ができるのでしょうか。

スムージーでダイエット効果が期待

スムージーには野菜と果物がそのまま入っているので、ビタミンやミネラルが豊富です。食物繊維もそのまま摂取できるので、飲んでいると自然と腸内環境が良くなります。

腸内環境が良くなると、便秘が解消されたり肌が綺麗になったりします。また食物繊維が残っている事で、飲むよりは食べる感覚に近くなります。そのために満腹感があって、ダイエットに効果があるのです。

ではどのようにスムージーを飲んだら、よりダイエット効果が得られるのでしょうか。

ダイエット目的のスムージーを作るときの注意点

基本的にスムージーには、水と野菜と果物を入れます。実はこれが大切で、できるだけ牛乳やヨーグルトなどは混ぜないようにしましょう。牛乳やヨーグルトを混ぜると確かに飲みやすくはなりますが、動物性のタンパク質なので栄養が吸収されにくいというデメリットがあります。

野菜も葉野菜で色の濃い物を選ぶようにしましょう。野菜の中でも芋などはスムージーには向いていないので避けましょう。

キャベツや白菜も葉野菜のようにスムージーに入れがちですが、野菜の色素の栄養があまり摂れなくなるので避けた方が良いでしょう。

果物を増やすと飲みやすいですが、糖質が増えます。ダイエット効果を得たいのであれば、果物は少なめにすると良いでしょう。

スムージーを飲むタイミング

スムージーの飲み方ですが、空腹時に飲むのが良いでしょう。そうする事で栄養が良く体に吸収されます。スムージーを飲む時にゆっくり噛むようにすると、栄養素の吸収がさらに良くなるだけでなく満腹感が高まります。是非ゆっくり味わって飲んで下さい。

また、スムージーを飲んだ直後に食事をすると、食べる量が抑えられます。先に野菜から体に摂取されると、血糖値が急激に上がらなくなるので健康にもよい効果があります。

スムージーに含まれる酵素で新陳代謝アップ

スムージーは作ったらすぐに飲むようにしましょう。野菜や果物には酵素が含まれていて、その酵素が吸収や消化を助けます。またそれだけでなく酵素は体の新陳代謝を良くしてくれるのです。新陳代謝が高くなると、人は自然と痩せやすい体になります。

野菜や果物の酵素は時間が経つと酸化して減ってしまうので、スムージーは作りたてを飲むようにしましょう。

まとめ

スムージーの特徴をあげてきたわけですが、作るレシピによってダイエット目的のスムージーを作ることは可能です。ビタミン、ミネラルだけでなく、食物繊維や酵素まで含んでいるので、ダイエットだけでなく、美容にもオススメできますね。

今年はスムージーダイエットを試してみてはいかがでしょう?