グリーンスムージーは美容やダイエットに良いといわれていますが、どれだけグリーンスムージーを飲んでも太る事はないのかと疑問に感じたことありませんか。そこで今回はグリーンスムージーを飲む際の注意点などをご紹介していきます。

スムージーを飲む時間と使う果物に注意!

josei-image33

毎日グリーンスムージーを飲んでいて、体重が増えてしまったという事例はいくつかあります。実は、グリーンスムージーを飲んでいるにも関わらず太るのには原因があるのです。

まず飲む時間やタイミングが間違っていることが多いのですが、グリーンスムージーは食事と一緒に摂取してはいけません。食前後40分くらいは、グリーンスムージーは避けたほうが良いです。

その理由はグリーンスムージーには果物が入っている事が多く、一緒に摂取した食品によっては消化不良を起こす事があります。また果物には糖分が多く含まれている物もあるので飲み過ぎると太る原因になります。

グリーンスムージーを飲む時には、使う果物の種類と量はもちろんのこと、飲む時間にも気をつけましょう。

普段から野菜を多く食べる人は効果なし?

グリーンスムージーを飲んで太ったという声があれば、飲んでも痩せないという声もあります。ダイエットのためにグリーンスムージーを飲む人は多いのですが、毎日飲んでも体重に変化がない人もいます。

もともと偏った栄養バランスの人であれば、グリーンスムージーを飲むだけで痩せられるかもしれません。しかし普段から野菜を食べるなど、健康的な生活をしている人だとグリーンスムージーを飲むだけでは痩せられない事もあります。

そういう人は、もう一度自分の作るスムージーを見直して下さい。冷蔵庫で冷やした野菜や果物をい冷たいスムージーを作ってはいませんか。冷たいスムージーは体の代謝を下げてしまうので注意が必要です。

その他に注意すること

グリーンスムージーを飲む時には、他にも細かいところを意識するとダイエット効果を効率よく得られるようになります。

スムージーの酵素がなくなるまえに飲もう

スムージーを作って、すぐに飲まずに保存する事はありませんか?グリーンスムージーは作ったらすぐに飲むようにしましょう。時間が経つと、酵素が失われてしまいますので、スムージーを飲むメリットがなくなってしまいます。

野菜や果物のカロリーを知ろう

作ったスムージーのカロリーにも気を使うようにしましょう。グリーンスムージーは材料にした野菜や果物のカロリーがそのまま入っています。痩せたいと思って飲んでいる人は、カロリーや糖質の少ない野菜や果物を選びましょう。

まとめ

グリーンスムージーを飲んで痩せるためには、色々と気をつける事があるのですね。間違った飲み方をすると、痩せるどころかカロリーや糖質を多めに摂ってしまい体重が増えてしまうこともあります。

ですが、ダイエット面ではなく美容や健康の面で考えると、とても良いのかもしれませんね。スムージーを作る際には、自分に合った材料で作るのが良いでしょう。