グリーンスムージーを授乳中は飲んでも大丈夫なのか気になっているママさんは多いことでしょう。グリーンスムージーを飲むことによって、何か赤ちゃんに影響は出ないのでしょうか。

今回は授乳中にグリーンスムージーを飲むことができるかどうかについてまとめました。

妊娠中に太ってしまう原因

妊娠中に太ってしまう人は多いと思います。妊娠している時は、お腹の中の赤ちゃんを守るために脂肪が増えます。特に妊娠初期から中期に脂肪が蓄えられ、さらに体の中の水分が増えます。

脂肪や水分が増えるのは、お腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を送るために血液の循環量が多くなるからです。妊娠中は普通の状態より体の中の水分が30パーセントほど増えまので、どうしても体重は増えてしまうのです。

授乳中にもスムージーはOK!

妊娠中に太ってしまった人は産後にダイエットするのは良いチャンスです。産後は赤ちゃんに授乳をしなければいけないので、自然と痩せられる人が多いです。

授乳中は食欲が豊富になりますが、授乳していると太る事はありません。むしろ普通の食事だけでは栄養が足りない事もあります。そんな時にグリーンスムージーを作って飲んで下さい。

授乳中でもグリーンスムージーは飲む事ができます。たくさんの栄養が入っているスムージーは、おっぱいにもとても良いのです。授乳中は鉄分やカルシウムの入ったスムージーを作って飲むようにしましょう。

グリーンスムージーを飲むタイミング

ダイエットをするためにグリーンスムージーを飲む時は、朝食の代わりに飲むのが良いでしょう。授乳中に産後ダイエットをする人は、同じように朝食に飲むのが良さそうです。

しかし栄養の補給のためにグリーンスムージーを飲む人は、おやつなどに飲むといいでしょう。栄養価を下げないために、できるだけ作ったらすぐ飲むようにして下さい。

産後ダイエットにスムージーは最適!

産後ダイエットを頑張る人は多いと思いますが、過剰なダイエットは控えましょう。授乳中は赤ちゃんに栄養を与えているので、食事を抜くような過剰なダイエットをすると赤ちゃんに影響が出ます。

できるだけ栄養バランスの取れた食事を食べて下さい。そして足りない栄養補給のために、グリーンスムージーを活用して下さい。授乳中は水分補給も大切になりますし、グリーンスムージーで水分も一緒に補給しましょう。

まとめ

授乳中は赤ちゃんのために積極的に栄養を摂る必要があるため、食事制限は控えたほうが良いです。そんな時に、栄養が豊富なグリーンスムージーは最適だといえるでしょう。

これから授乳の準備を始めるという方でダイエットもしたいと考えている方は、グリーンスムージーを試してみてはいかがでしょう。