最近流行っているスムージーとは何なのでしょうか。
野菜ジュースとは違うのでしょうか。

スムージーは、野菜と果物をミキサーにかけた物です。
それをそのまま飲むので、野菜のビタミンはもちろんミネラルや繊維質まで摂取できます。
よく作られる普通のスムージーは、果物が60パーセントで野菜が40パーセントです。
野菜は葉野菜が適していて、生の葉野菜には特にビタミンが豊富です。
食物繊維も豊富なので、腸内環境の改善にも役立ちます。
野菜をそのまま飲む事ができるので、野菜の色素も摂取できます。
普段の食生活の中で不足しがちな野菜を、美味しく簡単に飲めるのがいいですね。

野菜ジュースとスムージーの違いは、作り方から違います。
スムージーはミキサーで作るのに対し、野菜ジュースはジューサーで作ります。
ミキサーは繊維質も全て入りますが、ジューサーは果物や野菜の繊維質が取り除かれます。
野菜ジュースは繊維質が入っていないので、サラッとしていて飲みやすいです。
スムージーは繊維質が多くて消化に時間がかかりますが、
野菜ジュースは繊維質が入っていないのでお腹の弱い人でも飲む事ができます。

スムージーが注目されているのに、飲みごたえがあると言う事が挙げられます。
野菜ジュースはサラッとしていて、すぐに飲めてしまいますが、
スムージーはとろみがあって飲みごたえがあるので、ダイエットにも適しています。
ダイエットしている時は食事を制限する事が多く、そうなると便通が悪くなったり肌が荒れたりします。
スムージーを飲んでダイエットをすると、そういった心配がありません。
ビタミンはもちろん野菜の酵素も摂取できるので、肌が綺麗になります。
食物繊維が豊富なので、便秘を解消してくれます。
葉酸やカルシウムまで摂取できるので、免疫力が高くなり病気になりにくくなります。
野菜の色素は人間の血液に似ているので、野菜の色素を摂取すると血液がサラサラになる効果もあります。
スムージーは健康のためにとても良い飲み物なのですね。