スムージーを作るときに新鮮な野菜や果物はもちろんですが、ミキサーやブレンダーは欠かせません。ミキサーとブレンダーは一体何が違うのでしょうか。スムージーを作るには、どちらの方が適しているのでしょうか。

ミキサーとブレンダーの違いは特にない!?

ミキサーは、主に調理の下処理に利用する物です。食材を粉砕するのはもちろん、粉を混ぜたりもできます。ブレンダーは、主に液体の処理に利用をする物です。飲料を作る際に使われています。

ミキサーとブレンダーの違いはこのくらいで、あまり大きな違いはないようです。海外ではブレンダーと呼ばれている物が、日本ではミキサーと呼ばれている事もあります。

ミキサーは日本独特の呼び方で、世界中で通じる呼び方ではないようです。世界中で使われているのはブレンダーという呼び方です。日本国内で購入するのであれば、ミキサーでもブレンダーでもあまり機能は変わらないようですね。

どこに重点を置いてスムージーを作るか考えよう

スムージーを作る時に、人によって重点が違うと思います。洗い物が楽にできたり、洗い物が少なくて済む点を重視する人もいるでしょう。粉砕力を一番に考える人もいるでしょう。

自分がどこに重点を置いてスムージーを作るのか、考えてからミキサーやブレンダーを選ぶと良いでしょう。ただ野菜や果物を細かく粉砕したスムージーは、栄養価がとても高く舌触りも滑らかで飲みやすいです。

食材をしっかりと粉砕するには、パワーが強いミキサーやブレンダーが必要になります。パワーが強い物は、スムージーの専門店やカフェなどでよく使われています。

ただ業務用が使われている事が多いので、値段はとても高くなります。栄養価の事を考えてスムージーを作りたいのなら、少し値の張るミキサーやブレンダーを購入した方がいいのですね。

スムージー初心者はまずはお手軽価格にものを!

スムージーをこれから始める人は、まずはお手頃な価格の物から探すのが良いでしょう。一人分を手軽に作れる物は値段もそんなに高くありません。

気軽にとりあえずスムージーを始めたいと考えている人なら、十分だと思います。ただスムージー作りに慣れてくると、もっと美味しい物を作りたいと考える人が増えるようです。

どうせ買い換えるなら初めから少し高価な物を選ぶという方法もあります。国内製の物や海外製の物、たくさんの種類が発売されているので、自分に合った物を選びたいですね。

まとめ

スムージーを作るブレンダーやミキサーにはそこまで大きな違いはないということが分かりましたね。スムージーを飲もうと思ったら、まずは価格の安いものを選んで、スムージーを飲むのが習慣化されてきてから本格的なスムージーを作るものを選んでもよいです。

いきなり高価なものを買って飲むのを止めてしまったら、購入した意味がないですし勿体無いですからね。ですから、まずは自分に合ったものを見つけるのもよいでしょう。