スムージーをこれから飲み始めようかなと考えている方は、まずどんなスムージーを作ればいいか分からないと悩んでいるかもしれませんね。

スムージー初心者にお勧めのレシピはあるのでしょうか。それはどんなレシピなのでしょうか。そこで今回はスムージー初心者にお勧めしたいスムージーレシピを紹介していきます。

スムージー初心者は果物を多めに使用!

スムージー初心者には甘くて飲みやすいスムージーがお勧めです。初めてスムージーを飲む人は、青臭さが気になる人もいるでしょう。

ダイエットを目的としてスムージーを飲むなら、野菜が6で果物が4のスムージーがいいのですが、少し飲みにくいと感じるかもしれません。そんな場合は果物を多くしてスムージーを作ってみましょう。

スムージーにはよく葉物野菜を使いますが、野菜が苦手な人には水菜がお勧めです。水菜を少し入れて果物をたくさん使ったスムージーなら飲みやすいでしょう。ドロっとした感じが嫌いな人は、水を多く入れると良いでしょう。

初心者にお勧めしたいスムージーレシピ

材料はバナナ半分、りんご半分、キウイ半分、水菜が1株の3分の1くらい、水が100CCです。最初に野菜や果物をカットしておくと、スムーズに作ることができます。

適当な大きさにカットしておくと、ミキサーで混ざりやすくなります。あとはミキサーに全部入れて、よく粉砕させたらスムージーの完成です。

見た感じはかなり緑色をしていますが、飲んでみると甘くて美味しく感じるでしょう。カロリーは使用した果物と野菜のカロリーですから、1杯あたり173キロカロリーくらいなので、朝食替わりに飲むのも良いでしょう。

大きなカップ1杯くらいできるので飲みごたえも十分にあります。

ブルーベリーを使ったスムージーレシピ

野菜が嫌いな人にお勧めするのが、ブルーベリーを使ったスムージーです。甘酸っぱい果物が入っている事で、野菜の苦味や臭みは感じにくくなります。

材料はブルーベリーが30粒くらい、バナナが半分、小松菜5枚、水100CCです。材料を小さくカットして、ミキサーに入れて粉砕すれば出来上がります。

色が茶色っぽくなって苦いのかと思われますが、飲むと甘くて美味しいです。カロリーが82キロカロリーと少ないので、ダイエットのために飲む人にもお勧めです。

まとめ

スムージーは毎日飲み続ける事で体内で良い変化が起きてきます。しかし、スムージーを毎日続けるためには、美味しくないと無理ではないでしょうか。

野菜を多くするのが無理な人は、最初のうちは果物多めにして、味に慣れてきたら野菜の比率を増やしていくといいでしょう。

やはり毎日続ける事が何事も大切ですからね。スムージーの材料を変えて、毎日違う味を楽しむのもよいでしょう。